講演会(杉並の仏像彫刻)

2006.3.25 文化財保護ボランティア研修会に飛び入りで参加した。テーマは「杉並の美術品としての仏像彫刻」。講師は、杉並区文化財保護審議委員会委員、女子美術大学名誉教授の永井信一先生。杉並区にも、宝生寺の大日如来坐像(室町時代・寄木造)をはじめ十数体の仏像が現存するとのことだった。機会があれば鑑賞したいものだ。
by god-door70 | 2006-03-25 17:36 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< 内外情勢調査会定例講演会 自費出版 >>