内外情勢調査会定例講演会

2006.3.27 内外情勢調査会3月例会に出席。演題「2006年度の経済・株価展望」講師:城西大学現代政策部教授霧島和孝氏。有数のエコノミストの一人。①2010年頃まで巡航速度の回復が続く②米・中二つのエンジンが牽引③高令化、国債、格差が日本経済の課題④勝ち負けの差は能力以上に意欲とのこと。
余談として、景気動向のトレンドからみると阪神タイガースが優勝すると景気上向き、巨人ジャイアンツが優勝すると景気は後退する傾向があるとのこと。原監督率いる今年の巨人は出足良く勝ち続けている。景気の方も持続してくれれば、巨人ファンとしては望むところだが。
by god-door70 | 2006-03-27 16:03 | 講演会・映画 | Comments(0)
<< 堂の下遺跡現地見学会 講演会(杉並の仏像彫刻) >>