堂の下遺跡現地見学会

2006.4.2 旧三井上高井戸運動場(杉並区高井戸1-31-9)で今年の2月から、埋蔵文化財の発掘が実施されていた。発掘中の遺跡を見学した。
これまでの調査で旧石器時代から近世にわたる先人たちの生活跡が発見されている。杉並区を横切る川の一つである神田川の北面台地に位置し、川を挟み南面台地にある「塚山遺跡」と対峙している。これまでグランドとして活用されていたため遺跡調査ができなかったが、大規模宅地化前に発掘が実現したとのことである。遺物も相当数出土している状況を見ることができた。
当日は肌寒かったが、桜が満開えあった。この三井グランドを取り囲み、見事な花を咲かせてきた桜が、土地開発で伐採されないことを祈っている。
b0089323_953268.jpg

by god-door70 | 2006-04-02 16:54 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< 殿ヶ谷戸庭園 内外情勢調査会定例講演会 >>