日立製作所中央研究所庭園

b0089323_153508.jpg2006.4.9 今日は、年2回開催される「日立製作所中央研究所庭園開放日」で自由に散策できるということで訪れた。今年のサクラは早めに開花したので、残念ながら満開の時期は過ぎていた。庭園には、「御衣黄(ギョイコウ)」という黄緑色の花が咲く珍しい桜もある。一説によると、江戸時代初期に幸とで栽培されたのが始まりとのこと。約27,000本の樹木があり、種々の花々が咲き乱れていた。秋の解放日には紅葉、黄葉を楽しもうと思っている。
  研究所を訪れたことがある知人から『案内いただいた先生が、庭園内にある「辺仁橋(へんじんばし)」という名前の橋を通った時に、「博士たるもの変人でなければならない」と言ったことをよく覚えている』という面白い想い出話を聞いたことがある。
by god-door70 | 2006-04-09 18:06 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< 囲碁(ペア碁) 殿ヶ谷戸庭園 >>