立教女学院聖マーガレット礼拝堂見学

b0089323_20155743.jpg2006.5.14 立教女学院聖マーガレット礼拝堂が杉並区指定文化財に指定されたことを記念して特別公開されたので見学。聖公会ワシントン夫人補助会募金を資金に、75年ほど前の1932年に建設された。設計者は、J.Van.Wie.Bergamini。戦争中は、陸海軍が使用していたとのこと。床にはその当時の傷が沢山あるという。言われてみると、着席した席の下に、4本の釘跡がくっきりと見えるほぼ10cm角の変色個所があった。何かの台を固定した際のものだろう。戦争の傷跡が、このようなところにも残っているだ。中村学院長のお話に加え、岩崎真実子さんのオルガン演奏が聞けた。パイプオルガンは、2900本のパイプを備えた43の音色を出せるテイラーアンドブーディ社製。
      b0089323_1316451.jpgb0089323_13162886.jpg
by god-door70 | 2006-05-14 18:42 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(1)
Commented by 京都司祭 at 2006-09-24 16:11 x
最悪の醜聞事件発生!武藤主教は修道院で痛恨の余生を!京都のウイリアムス神学館の原田司祭は5人の少女に対する強制わいせつ事犯で提訴され、大阪高裁で敗訴し、500万円の賠償金を支払った。教区は一旦本人が認めたので退職させたのに10日後
前言をひり返したので、いとも簡単に復職させ神学校の教授に戻した。高裁判決後も4ヶ月間教授のまま若い聖職候補生に指導していた。というたまらない話、こんな馬鹿な話は他にあるでしょうか?
武藤主教は二次加害者、高地主教は無責任加害者、どちらも進退を考えなさいと言う声が巷に渦巻いている。 アンビリーバブル
司祭の性犯罪事件のホームページは
http://www.geocities.jp/asshor15/seikoukai.html
<< 永福寺大施食会 ツタンカーメン豆 >>