佐藤忠良ブロンズ像

b0089323_1842545.jpg2006.6.20 生涯学習杉の樹大学2期生「杉の子Gr.」懇親昼食会に参加した帰途、杉並区役所の杉中通り側入り口にある女性像が眼に止まった。宮城県生まれで、杉並区在住彫刻家佐藤忠良さんの作。氏は、生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現している日本を代表する彫刻家のひとりである。
 好きな彫刻家は?と問われれば、まず第一に挙げたい。平成2年(1990)に宮城県立美術館内「佐藤忠良記念館」が設立されたので、その年に訪れ、数十点の作品を観て感激した15年前を想い出す。その後多くの傑作が生み出されたことだろう。
by god-door70 | 2006-06-20 22:20 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(1)
Commented by tokutoujin at 2006-06-24 19:58
私も好きな作家の一人です。帽子を深々とかぶった少女のブロンズ像などなんともいえません。
<< 同僚のパステル画を観る 菊づくり教室 >>