切手収集(夏のグリーティング切手)

b0089323_21321841.jpg

 2006.6.30 夏のグリーティング切手が2組発行されたので早速入手。「海と花」と「極楽鳥花」がテーマ。
 毎年グリーティング切手は結構人気があり、売り切れが早いという。事前に原画をデザインされたご本人からお手紙でご連絡をいただいていたこともあり、この切手には想い入れがある。10種のうち3種を、勤務していた会社の上司のお嬢さんがデザインしているからである。
 これまでにも、「九州・沖縄サミット記念切手」(2000.6.21)、「日本ユネスコ加盟50周年記念切手」(2001.7.21)、「第12回世界精神医療横浜大会記念切手」をデザインされている。
 今回手掛けられたのは、「海と花」(上)では真ん中の「ブーケ」、「極楽鳥花」(下)では左端の「カトレア」と真ん中の「オレンジ」がそれである。切手意匠だけでなく、幅広く活躍されており、出版された書籍も多数ある「新井苑子さん」は、花を描く有数なイラストレーターのお一人である。更なるご活躍を祈っている。
b0089323_2132339.jpg

by god-door70 | 2006-06-30 21:40 | Comments(0)
<< 切手に見る紙のお話(1) 紙は... 倉本裕基の「ピアノ・コンサート... >>