取り壊し計画のある「中央線JR国立駅舎」

b0089323_1611416.jpg
b0089323_1613136.jpg 2006.8.1 中央線JR国立駅舎の取り壊しが計画されているとの新聞報道を読んで、6年間通学した懐かしい駅舎を記録に残しておこうと出掛けた。
 当時の駅前はロータリーだけで店もまばらで閑散としていたが、その変わり様には驚かされる。とは言っても、授業に遅刻しそうで駅の改札を走り抜けた50年前の話だが・・。
 国立駅は大正15年の竣工。大正12年の原宿駅舎に次ぐ、現存する2番目に古い木造駅舎で、三角屋根の個性的なデザインは、その後、多くの駅のデザインの手本となったそうだ。建物の構造の一部に、八幡製鉄所(現新日鉄)をはじめ、イギリスドイツ、ベルギーなどでつくられた古レールが使われていて、当時の鉄道建築方式の貴重な史料となっていることもあり、駅舎保存運動が起こっている。高層マンション高さ制限訴訟で知られる国立市だが、駅舎保存問題も開発行為との戦いとなっている。
 いずれにしても、古い貴重な建物が壊されていくのは残念なことだ。
by god-door70 | 2006-07-31 16:07 | Comments(5)
Commented by tokutoujin at 2006-08-03 08:02 x
市民運動の盛んな国立市のことですから、保存運動は進んでいると思いましたが・・・。別の場所にでも(江戸たてもの園)移築できないのでしょうか。
Commented by god-door70 at 2006-08-04 21:59 x
移設案もあるようですが、解体しての移設は費用や受け入れ側などの問題もからみ、なかなか進展しないようです。ビルゲイツみたいな大金持ちがポンと資金を出してくれるといいのですが・・・。
Commented by god-door70 at 2006-10-08 16:23 x
約80年の歴史がある赤い三角屋根の「国立駅」の最終日の写真、映像みました。通学に乗り降りしたなつかし駅舎がいよいよ撤去ですか。今後の追跡情報を期待します。
Commented by rnakaji at 2006-10-08 19:26
コメントありがとうございました。

幼少の頃は、最寄り駅が国立駅で
親や、祖母に連れられて改札を通っていろんなところに出かけたり
高校位までは、毎日この駅から通ってたので、
この駅舎がなくなるのって、すっごく寂しいんですよねぇ

今でも桜の季節は、かならずこの場所に花見に行きますし
国立の景色のから、無くなるなんて、考えても見た事が無い存在でした。

最近の新しい駅みたいに南北に通り抜けが出来なかったり
車も遠回りして細いガードを通らなキャだったり
不便も確かに多いけど、それだけで無くしちゃっていいの?っていう気
持ちでいっぱいです。

でも、そんな風に思ってる人も一杯いるみたいなのが判ったので
とりあえずはホッとしました、数年後に今の場所に再建出来るように何か出来たらいいなぁと
議員さんも、そのような事を言ってたし。。。。

ついさっき、駅の前を車で通ったら、終電に向けて凄い人数の人が
場所取りしてました。
Commented by god-door70 at 2006-10-09 22:05 x
「この駅舎がなくなるのって、すっごく寂しいんですよねぇ」同感、同感。「富士見通り」という正面に富士山が見える通りがありましたね。懐かしいな。ひょっとしたら駅ですれ違っていたかな?年齢が違うとおこられそうだ?
<< 「府中市いこいの村」の「大賀ハス」 切手に見る紙のお話(6) 紙が... >>