アメリカ映画「美しい人」

 2006.8.15 「エミール・ガレとドーム兄弟」ガラス工芸展のために渋谷に出たので、アメリカb0089323_14544.jpg映画「美しい人」(9 lives)を観た。
 「①娘に愛をそそぐ人、②いま手にしている愛を見出す人、③愛をぶつける人、④お互いの弱さを知る人、⑤かけがいのない人、⑥愛を求められる人、⑦家族があることの喜びを知る人、⑧夫の愛の深さを知る人、⑨神の祝福を受ける人」を9人の女優たちが演じる女性の生き様をめぐる物語。オムニバス映画なので、嫌悪感をもったり、同情したり、感心したりで観ている方も忙しいが、最後の物語でやっと落ち着いた気分。それぞれのケースが複合してめぐりめぐってくる人生が現実なのかな。マイ好感度:中の上。
by god-door70 | 2006-08-15 20:02 | 講演会・映画 | Comments(2)
Commented by tokutoujin at 2006-08-17 20:43 x
夫の愛の深さを知る人・・・・・・そんな人が欲しい。妻の「愛している」という言葉は別にして、そんなそぶりが欲しい。そう思いませんか。
Commented by god-door70 at 2006-08-18 10:16 x
空気論もあるようですが、同感ですね。
<< 切手に見る紙のお話(10) 紙... 「エミール・ガレとドーム兄弟」... >>