大江戸華舞2006(OEDO DANCE)

b0089323_17431879.jpgb0089323_17441393.jpg








2006.9.2 「万華鏡展」を観た後、新宿にまわって「大江戸華舞2006」を見物。
 東京都庁前の都民広場と都庁通りが会場で、小、中、高校生ら4,000人が参加し踊りを通して仲間同士の友情や親子の絆、地域の和を深め、人づくり、まちづくりの輪を広げようというのが開催目的だとか。無心に踊る我が子を写そう親御さんの列が続く踊り舞うパレード。強い日差しのなかでの若さいっぱいの大江戸華舞、うらやましい光景。b0089323_17462288.jpgb0089323_17455480.jpg
 大江戸華舞のメイン会場である都庁前の都民広場で、偶然にも佐藤忠良作のブロンズ像「早蕨」 (1980年) に出くわし感激した。
 都庁などの高層建物に囲まれながら立つ女性像をしばし眺めた。
 以前にも書いたが、佐藤忠良さんは、わたしの大好きな彫刻家のひとりだ。
by god-door70 | 2006-09-05 18:16 | Comments(2)
Commented by tokutoujin at 2006-09-06 07:49 x
佐藤忠良さん、いいですね。私も大好きです。すらりとした女性像がなんともいえません。杉並にお住まいですが、どこでしょうか?ご存知でしたら教えてください。
Commented by god-door70 at 2006-09-06 21:28 x
永福町とは聞いているのですが、詳しい地番は分かりません。
<< 「浅井忠と関西美術院展」 「万華鏡展―光で綴るものがたり」 >>