「モダン・パラダイス東西名画の饗宴」

 2006.9.7 「宮内庁三の丸尚慶館」すぐ近くに国立西洋美術館があり、《モダン・パラダイス東西名画の饗宴―大原美術館・東京国立近代美術館》開催されていた。その前を通り過ぎるのは残念と思い、閉館間際の時間だったが立ち寄った。b0089323_15435571.jpgb0089323_15515779.jpg
 若い頃、大原美術館で観たことがある「ルノアール・泉による女」、「ゴーギャン・かぐわしき大地」などに久し振りに出会えた。随分時間が過ぎていることだから、当館も所蔵品が大分増えたことだろう。機会があったらまた訪れたいものだ。
 最近はインターネット・WEBで所蔵品の映像を見ることが出来るが、何かも足りない感は禁じえない。地方の美術館所蔵の作品を東京で観ることができるのは有難い。
 スピード鑑賞だったので、「モネ・睡蓮」、「児島虎次郎・ベゴニアの畠」、「モロ・雅歌」(右上図)など、大原所蔵品を中心に好みの絵を観てまわった。絵画鑑賞の前提は、「好み」という説にのっとり。
by god-door70 | 2006-09-07 22:41 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 音楽会「クラリネットの世界をあ... 「宮内庁三の丸尚慶館」 >>