産経大江戸ウォーク「皇居外周・東御苑を歩く」

b0089323_2253460.jpg 2006.9.28 産経大江戸ウォーク「皇居外周・東御苑を歩く」に参加。開催目的は、皇居外周を歩き、東御苑を散策するという試みという。
 最高気温が29度近くで、殆どがアスファルト道路。おまけに10㎞を6時間のスローペース(昼食時間含み)で、正直疲れた。通常10-12㎞を2.5時間で歩くので。
 1組25人で、日本ウォーキング協会指導員が組の前後にひとりずつ2人のご親切。10組総勢250人の大部隊が、皇居周辺を移動する形。詳しい資料を片手にぞろぞろ、主要ポイントで説明を聞きながら。詳細な資料、親切なガイド、統率のとれたウォーキングは初めての経験だ。
 コースは、和田倉噴水公園⇒大手門⇒竹橋⇒清水門⇒北の丸公園⇒田安門⇒千鳥が淵戦没者墓苑⇒半蔵門⇒桜田門⇒二重橋⇒(昼食)⇒東御苑⇒和田倉噴水公園(ゴール)。規則正しく、9時分発、ほぼ15時着の約6時間であった。途中で休み過ぎとスローペースにとまどう参加者多し。b0089323_22482517.jpgb0089323_22533054.jpg
 千鳥が淵戦没者墓苑へは初めてだったこともあり、気が引き締まった。多くの戦争犠牲者のお陰で今日があることに感謝しつつ献花した。
 アメリカ機B29の爆撃にあい、防空壕に逃げ込む恐ろしい生活、そして、戦後の食うものない日々の悲惨さを思い出す。戦後を知らない戦後生まれの総理大臣が、はじめて登場した。世代交代を歓迎するが、何としても戦争は避けなければならない。
by god-door70 | 2006-09-28 20:39 | ウォーキング(walking) | Comments(0)
<< 「国宝 風神雷神図屏風」展 西洋美術史講座「バロック絵画」... >>