「十五夜の神遊び」第6回月の音コンサート

b0089323_23265498.jpg 2006.10.7 大宮八幡宮で開かれる毎年恒例の「十五夜の神遊び」第6回月の音コンサートに出向く。
 およそ800基といわれる竹灯篭に火を灯して献灯する行事である。まず神社関係者の火つけが行われた後、参加者がそれぞれ竹筒の灯篭に火をつけて献灯する。暗闇のなかで竹灯篭の灯りが広がっていく幻想的な風情。家族連れの記念写真撮りフラッシュがここそこで光る。
 その行事の後、神楽舞や雅楽を神々と共に観る神事、そして「月の音コンサート」が奉納演奏された。
 演奏者は、日本ギター界の第一人者庄村清志さん。「禁じられた遊び」などギターの名曲10数曲を演奏。十五夜の月明かりの下、八幡宮の杜に競うように鳴く虫の声を追いやるようなギターの演奏。若い頃、庄村さんの演奏会によく聴きに行ったもんだ。久し振りの生演奏に堪能した一夜。b0089323_231425100.jpg
b0089323_23183760.jpg
by god-door70 | 2006-10-07 22:57 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 切手に見る紙のお話(15) 折... 「近代洋画の巨匠たちー浅井忠 ... >>