法務省赤れんが棟(旧司法省庁舎)

 2006.11.2 法務省の前を通ったので、赤れんが棟(旧司法省庁舎)を撮った。
 内部を除き赤れんが棟の外観は、国の重要文化財に指定されている。
 ドイツ人建築家(エンデとベックマン)によるプランで明治28年(1895)に竣工。戦災によりれんが壁とれんが床を残し焼失。昭和26年(1951)改修し、平成6年(1994)に創建当時の姿に復元された赤レンガ棟。
 3階「法務資料展示室」に、建築技術や改修・復元史料などが展示されていた。
b0089323_2135768.jpg

by god-door70 | 2006-11-02 21:31 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< 「秋のサロンコンサート」 切手にみる紙のお話し(17) ... >>