千葉純子ヴァイオリン・リサイタル 2006

b0089323_15312188.jpg 2006.12.6 「千葉純子ヴァイオリン・リサイタル 2006」を聴きに、東京オペラシティホールに出向く。
 山梨甲府の縁戚が後援会に所属している関係で毎年出向いているが、家庭的雰囲気の中での演奏で、のびのびと演奏。世界各地でのリサイタル、協演で着実に歩を進め、年毎に力を付けている感がある。
 ヴィヴァルディ、ブラームス、バルトーク、シベリウス、ヴュータン、グラズノフ、ラヴェルと演奏曲目も巾広く選曲し、技巧面でのアピールもしていた。
 彼女は、桐朋音楽大学を経て、ジュリアード音楽院に奨学生として留学し、海外でのコンクールで数々の賞を受賞しているとのこと。
by god-door70 | 2006-12-06 15:27 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「山口逢春展―伝統とモダンの融合」 杉並浴風園付近 >>