「文化財保護ボランティア」の研修会

b0089323_1645498.jpg 2007.3.19 杉並区文化財係の主催で「文化財保護ボランティア」の研修会(東京女子大学内、A・レーモンドの設計による建物見学)に参加した。杉並区文化財審議委員・稲葉先生の案内により構内を回った。
 東京女子大は築地にあった校舎が関東大震災で焼け、1924に杉並の地に移転してきた。
外人教師館・安井記念館・ライシャワー館・東校舎・本館・講堂・礼拝堂などの建物の多くは国登録文化財に指定されている。 建設計画、設計は、A・レーモンド(F・R・ライトの弟子)による。帝国ホテルを設計したライトの影響を受けた建物もみられた。青緑の色に縁取りされた東校舎の配色が印象的であった。
 高層ビル建設などで文化財が壊されていく昨今であるが、文化財に登録され保存されていることは素晴らしいことだ。
b0089323_21455826.jpgb0089323_21462165.jpg

by god-door70 | 2007-03-19 22:02 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< 地方紙「長野日報」に写真が 高遠・木曽路の旅(1) >>