杉の子会(天沼弁天池公園と郷土博物館分館)

b0089323_2282768.jpg 2007.6.5 杉の子会に参加。今年4月7日にオープンした天沼弁天池公園と郷土博物館分館を散策。
  公園名の由来は、かつて、この公園の南側広場あたりにはこんこんと水の湧き出る“天沼弁天池”と呼ばれる池があったことによるとのこと。大正の半ば頃までは、日照りが続くと大勢の農民が集まって池の中ノ島にあった弁天様へ雨乞いの行事も行ったそうだ。
 私邸を杉並区が買い取り公園とし、園内に杉並郷土博物館分館を建設した。
 ゆっくり博物館展示を見学後、荻窪駅近くで昼食をとりながら四方山話。
by god-door70 | 2007-06-07 22:09 | Comments(0)
<< ユトリロ展 切手にみる紙のお話し(25) ... >>