西武・小田急合同のんびりハイク&ウォーク

b0089323_11105679.jpg 2007.6.16 西武・小田急合同のんびりハイク&ウォーク「小江戸・川越 蔵の街めぐり」に参加。梅雨時季の晴れ間で暑い暑い一日。
b0089323_1113558.jpg 西武新宿線本川越駅(スタート)⇒中院⇒仙波東照宮⇒川越大師喜多院⇒川越歴史博物館⇒成田山別院⇒川越尻本丸御殿(上)⇒市立博物館⇒市立美術館⇒菓子屋横丁⇒時の鐘(右)⇒蔵造りの街並み⇒蓮華寺(ゴール)。歩行距離約6㎞。
 川越観光ルートをほぼ回るウォーキングというかお散歩気分。資料館に立ち寄ったり、お菓子横丁でひやかしたり。
b0089323_1115560.jpg 造ってはいなかったが飴製造機械が窓越しに見えたのでチョット立ち寄ったら店頭に立つ店主夫人(100年近く続く3代目とか)と四方山話に。技術伝承の難しさ、新しい飴考案苦労話、現代人の4代目と若夫人との微妙な考え方の違いなどなど。話し好きのようすで、なかなか立ち去れず、帰り際にご自身が考案したという飴2種をわざわざ小袋にいれて頂戴してしまった。お店の継承、技術継承への心構えなど興味あるお話だった。なかでも1代に1つ以上の新しい商品を考案しなくてはならないと4代目にプレッシャーをかけながら期待しているとかの本音までも。
 「時の鐘」のすぐ脇のだんご屋(下右)で休みがてらだんご1本(60円)を食いながら、正午の鐘の音を聞く。
 川越藩お抱え絵師橋本雅邦の作品を主とした山崎美術館に立ち寄った後、帰途につく。
b0089323_2015165.jpgb0089323_20155521.jpg

by god-door70 | 2007-06-16 20:06 | ウォーキング(walking) | Comments(0)
<< 「風俗画と肉筆浮世絵展」 明治神宮「菖蒲田」再挑戦 >>