白寿の母が描いた色紙絵

b0089323_1850876.jpg 2007.9.8 今年6月29日に母が白寿(99歳)を迎えた。
 当然体力は衰えているが、健やかであるのが嬉しい。
 右は、先月に母親が描いた色紙絵である。99歳でもあり指の力が弱くなっているのでしっかりとした線を描けないが、50代から日本画を手掛けていたいたこともあり、「花火」を描いたのであろう。その雰囲気はでているように感じられる。
 日頃は折り紙、塗り絵の世界で過ごしている。体調が良い折に、これからも筆を持ってくれればと期待しているのだが・・・。
紙絵を手に微笑む母九九の夏
白寿母夏掛けたぐる指白し
by god-door70 | 2007-09-08 19:16 | Comments(4)
Commented by tokutoujin at 2007-09-09 09:43 x
ご母堂のしっかりした絵を拝見し、驚きました。絵を勉強しておられたようで、しっかりした構図は見事です。自分のいま勉強していることが、いつの日か生かされると良いのですが・・・。
Commented by 51 at 2007-09-10 22:22 x
とても優しい気分になる花火ですね。気持ちが伝わってきます。ありがたいです。
Commented by god-door70 at 2007-09-11 14:34
tokutoujinさんへ。広範囲な分野にチャレンジしておられ、それぞれが絡み合って素適で個性的な広がりを見せておられる貴兄に敬服しています。いろいろ教えて下さい。
Commented by god-door70 at 2007-09-11 14:49
51さんへ。アクセスに感謝します。母がこれからも安らかに日々を過ごし、気が向いた時に1枚でも多く絵を描いてほしいと願っています。これが絶筆にならないように。
<< 杉の子会(大田黒公園) ウォーキング >>