神戸同姓会総会(講師:天沢山龍光寺住職・衣斐賢譲氏)

b0089323_21433798.jpg2007.10.21 第18回神戸同姓会総会に出席。
 会員による「出会いの妙について」の講演、および織田信長の三男である神戸信孝の研究家であり、伊勢神戸氏菩提寺天沢山龍光寺住職・衣斐賢譲氏のお話を拝聴。
 機関紙「えにし」は、年に2回発行されるが、皆さんと顔を合わせるのは年1回の総会時のみであるが姓が同じなので名前を呼び合い懇親を深めている。
 同姓会としては、会員の平均年齢が高くなり、会員数も減少傾向になっている問題が提起され、今後の会員増強策と会の維持策が課題となっている。
 神戸同姓会推薦図書として、当会の名誉会員衣斐賢譲著「昇龍の影」(伊勢神戸氏を中心とした中世の伊勢の動きの考証)と同じく名誉会員東大名誉教授神戸博太郎著「神戸考」(神戸姓を縦横に検証)を紹介している。
by god-door70 | 2007-10-21 22:25 | Comments(0)
<< 信州高遠に 映画(エディット・ピアフ 愛の讃歌) >>