横浜・三渓園

 2007.11.16 横浜・三渓園を訪れた。
 明治時代生糸貿易で財を成した原三渓(本名・富太郎)の造った庭園で、買い集めて移築した数々の古建築を見ることが出来る。 京都、鎌倉などから移築された古建築のうち10棟は国の重要文化財に指定されている。
 紀州徳川家の初代頼宣の夏の別荘「臨春閣」(1917移築)など数々の古建築が点在。秀吉が愛用したとされる「瓢箪文手水鉢」などの名石なども。
 都会の騒音を忘れさせ、タイムスリップしたような感じになる。
b0089323_14302582.jpgb0089323_1431389.jpg
b0089323_14312825.jpgb0089323_1432037.jpg

by god-door70 | 2007-11-18 12:05 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< 杉の子会(平林寺) 日展2007 >>