タイ国新工場訪問

 2007.12.2-12.7 勤務していた会社がタイ国に工場進出(バンコック近郊)し、今年初めに稼動したので視察目的でタイに出向いた。関連会社3社(チェンマイ近郊3社)も訪問。
 タイでは工場団地建設し、海外企業誘致活動がなお活発におこなわれている。その一方で、ヴェトナムに工場を移す企業も出てきているようだ。
b0089323_2284521.jpg タイには7年前にツアーで主要観光地は訪れているが、高層建築、車の洪水など特にバンコクでの変化が著しく感じられた。10年前の通貨危機で工事が止まったままの建物も散見された。傷跡が生々しい。しかしトレンドとしては国力の右肩上がりは間違いないだろう。 
 バンコック滞在していた日が丁度タイ国王ラーマ9世の80歳誕生日で国中お祝いムードにつつまれていた。王宮広場で祝賀行事が日夜開かれ、国旗と皇室旗がいたるところに掲げられていた。国歌、皇室を讃える歌が流れてくる。日本との違い顕著だ。
b0089323_14523561.jpgb0089323_1453052.jpg
b0089323_14532671.jpgb0089323_1457232.jpgb0089323_1454946.jpg






  
by god-door70 | 2007-12-07 22:35 | Comments(0)
<< 「切り絵で描く日本の彩」展 色付いている庭のもみじ >>