ボランティア(灯篭調査3)

 2007.12.14 灯篭調査の3回目。
 堀の内にある妙法寺を対象としたところ、その数が多く半日以上かかっててしまった。
 水盤に面白いのがあった。江戸時代の建立で、盤の正面に「井桁に橘紋」が刻まれていて、4人の童子が支えている青銅製の水盤。
 水鉢では直径90㎝の腕型で明治40年奉納のものが珍しかった。100年前の作ということになる。
b0089323_14464788.jpgb0089323_14471279.jpg

by god-door70 | 2007-12-14 22:17 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< イルミネーション見物 「秋の彩り」展とぶらぶら歩き >>