「亀戸天神」、「香取神社」、「皇居東御苑」

b0089323_21124315.jpg2008.4.23  天気に恵まれ久保修先生切り絵教室の仲間と「亀戸天神」、「香取神社」、「皇居東御苑」などを散策。
 ふじ(亀戸天神)、八重桜(香取神社)、つつじなど(皇居東御苑)の花々をめぐる途中で、小説「野菊の墓」の作家伊藤左千夫の墓、江戸切り子工房などに立ち寄った。伝統工芸江戸切り子作品には目を奪われた。
 昼食に「亀戸大根あさり鍋」を食す。香取神社にb0089323_21155876.jpgb0089323_21143117.jpg「亀戸大根の碑」(写真左)があったが、割烹升本の宣伝用看板のダイコン絵(写真右)が面白い。
 亀戸大根は、普通のダイコンに比べ、茎が白く葉が大きくて柔らかいのが特徴。根は30センチ程度、日本一小さい大根とか。ダイコンというよりカブに近い食感。味噌じたての鍋はアサリ多く美味。
 東御苑茶屋前にはつつじが、庭園池まわりは野花が咲き乱れ美しい。
b0089323_22125343.jpgb0089323_22132040.jpg
b0089323_2136141.jpg


by god-door70 | 2008-04-23 20:46 | ウォーキング(walking) | Comments(0)
<< 写真「三鷹農業公園の鯉のぼり」 映画「ラフマニノフ愛の調べ」と... >>