ウォーキング(富士見ヶ丘駅~蘆花公園駅)

b0089323_22193484.jpg 2008.4.29 天気がよかったので、午後からウォーキングに出掛けた。杉並区史跡散歩ガイドにある「甲州街道の宿駅」の道を歩いた。井の頭線富士見ヶ丘駅大宮前春日神社⇒庚申の藤⇒吉祥院⇒第六天神社⇒医王寺⇒京王線蘆花公園駅の約2時間のウォーキング。
 庚申の藤を期待していたが、藤の巨木はすでに衰えていて藤は咲いていなかった。感心にも庚申塔を清掃していた児童の話では、藤の咲くのを見たことかないとのこと。1673~80年延宝年間に植えた藤で、天然記念物に指定(昭和42年に指定解除)されたほどの見事な花をさかせていたようだ。長泉寺は本堂は屋根が崩れ瓦は飛び散り無残な姿をさらしていたが、境内の竹林には筍が首を伸ばしていた。吉祥院境内に成田山に模した筑山が2か所には沢山の石像が並んでいた。
b0089323_2233039.jpgb0089323_2235447.jpg

by god-door70 | 2008-04-29 22:27 | ウォーキング(walking) | Comments(0)
<< 石灯籠調査 花の便り(つつじ) >>