敬老の日に

b0089323_21581182.jpg 2008.9.15 敬老の日にあたり、今年6月100歳になった母に長寿を祝って、内閣総理大臣から祝状と国記念品(銀杯)、そして東京都知事から祝状と東京都記念品(江戸漆器花器)を頂戴した。誕生日に杉並区長から祝状と記念品を頂戴していたが、度重なるそれぞれの配慮に感謝している。
 介護保険制度もいろいろ問題点が指摘されたはいるが、母が健やかに日々を過ごせているのは当制度のお陰でもある。素晴らしい制度と認識しているが、さらに充実して高齢者社会への対応を模索してほしいものである。
  「しゃれっ気を失せず百賀の衣更え」
  「ペニキュアをと指差し出す百賀夏」
  「敬老日出したる母の細き腕」

by god-door70 | 2008-09-15 21:06 | Comments(4)
Commented by 愛龍太郎 at 2008-09-15 22:31 x
長寿おめでとう御座います。記念品は色々あるのですね。初めて知りました。何時までお元気でお過ごしされる事をお祈り申し上げます。
Commented by god-door70 at 2008-09-17 18:49
愛龍太郎さまへ。お祝のメールありがとうございました。年を経るごとに本人も大変でしょうが、家族にとっては何時までも元気でいてほしいと願っています。江戸漆器花器は、東京都伝統工芸士大上博氏の作品です。
Commented by 愛龍太郎 at 2008-09-17 23:42 x
私は無粋で存じ上げませんが、大上博さんはその筋では権威の方なのでしょうね。さすが東京都。石原都知事は関与されているのかは知りませんが。他府県民のひがみかな。もっとも他府県の事情も知らずに言ってすみません。
Commented by god-door70 at 2008-09-18 21:41
愛龍太郎さまへ。私も詳しく分かりませんが、解説によると漆器展で東京都知事賞をはじめ一級漆器製造技能士として多くの表彰を受けているようです。昭和16年生まれとか。70歳少し前でしょうか。
<< 伊那市高遠町に 芝大神宮だらだら祭り >>