伊那市高遠町に

 2008.9.16-17 所用で郷里の伊那市高遠に出掛けた。
 桜の季節は花見客が押し寄せる城下町高遠であるが、静まりかえった過疎の町と化している。ほんの3,4組の年配ご夫婦が城址公園内を見物している程度。サクラが開花する4月の数週間は数拾万人が押し寄せる公園なのだが・・・・。
 所用を終えたあと、万延元年(1860)創設された高遠藩学校「進徳館」(国指定史跡)と正徳4年(1714)絵島生島事件で高遠へ流され一生を終えた大奥大年寄絵島の墓(蓮華寺内)を見物した。寛保元年(1741)絵島の遺言「もし相果て候はば日蓮宗にて候」により当寺に葬られたとのこと。
b0089323_2230309.jpg

b0089323_21494575.jpgb0089323_21501671.jpg 

by god-door70 | 2008-09-17 21:41 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)
<< 美術展”荒木幸史「秋櫻」の世界” 敬老の日に >>