ウォーキング(杉並区史跡散歩2)

b0089323_2239063.jpg 2008.11.8 杉並区史跡散歩第2号として「Mコース:永福の寺町周辺」を歩いた。雨が降りそうなので傘j持参であったが、幸い雨に見舞われなかった。
 自宅⇒永福稲荷神社(下左)⇒永福寺⇒和田堀廟所⇒真教寺を含め8つのお寺(寺町)⇒自宅のコース。Mコースは正式には「永福町駅から下高井戸駅」のコース設定であるが、自宅からスタート、ゴールも自宅にと変更設定。
 永福寺には五輪庚申供養塔(1646年)があった。区内最古で、当時としては五輪塔形式は珍しいそうだ(下右)。和田堀廟所で樋口一葉の墓(右)を見学。
 永福の寺町は、関東大震災や区画整理で江戸府内から移転してきた寺群である。この地区には以前に、歌舞伎役者市川団蔵家歴代墓石の拓本とり作業を見学するために法照寺を訪れたことがある。約1万歩の史跡散歩。
b0089323_9353032.jpgb0089323_938163.jpg

by god-door70 | 2008-11-08 23:03 | ウォーキング(walking) | Comments(0)
<< 杉の子会(荻窪界隈) ウォーキング(東京ぶらり2)... >>