ウォーキング(東京ぶらり4) 「ボストン美術館浮世絵名品展」

b0089323_22102528.jpg 2008.11.22 江戸東京博物館特別展「ボストン美術館 浮世絵名品展」を見学する目的で両国に出向いた。そのついでに両国周辺をウォーキング(東京ぶらり4)。17-18世紀活躍の名立たる浮世絵師の作品を150点以上を鑑賞できた。鳥居清倍、鈴木晴信、鳥居清長、歌麿、写楽、北斎、広重、国芳、菱川師宣などなど、よくぞ集めたりの感。それだけ名品が海外に流出しているということ。連休初日で会場ごったがえし状態、肩越し見で一苦労。
 両国駅⇒国技館⇒旧安田庭園(上段)⇒災害慰霊堂・都復興記念館⇒江戸東京博物館⇒吉良邸跡(下段左)
⇒出羽海部屋⇒春日野部屋(下段右)⇒回向院⇒両国駅。個性ある門構えの相撲部屋がここそこにあり、街道沿いではお相撲さんの彫刻像に出くわす。
 旧安田庭園は元禄年間の名園を復元した回遊式庭園。関東大震災慰霊堂で当時の悲惨な状況を写真・絵などで見学。吉良上野介の上屋敷跡ではなまこ壁や首洗い井戸を見物。鼠小僧次郎吉の墓(右上)のある回向院に寄り、約1万歩のぶらり散歩終了。
b0089323_22104992.jpg
b0089323_22412221.jpgb0089323_22414493.jpg

by god-door70 | 2008-11-22 22:22 | ウォーキング(walking) | Comments(0)
<< ウォーキング(東京ぶらり5)... 日フィル・アフタヌーン音楽会 >>