カテゴリ:美術・音楽(entertainment)( 394 )

「稲の会作品展」出品作のご紹介(2)

2019.6.20 「稲の会作品展」出品作のご紹介(2)。切り絵の他、「2019切り絵カレンダー」と「2020年オリンピックイヤー・カレンダー」を出品しましたのでご覧ください。
b0089323_17471647.jpg
b0089323_17510370.jpg


by god-door70 | 2019-06-21 08:45 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「新井苑子展-宇宙の花を描く-」

2019.6.12 「新井苑子展-宇宙の花を描く-」を銀座永井画廊で鑑賞。会社の先輩の娘さんの個展。活躍の歴史を表している一方、若々しい近作も。真骨頂「私達は<宇宙の花>に住む花人なのです」と宇宙の森羅万象を描き続けるイラストレーター万歳!。
b0089323_09334004.jpg

by god-door70 | 2019-06-12 18:29 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第11回稲の会作品展」のご案内

           第11回「稲の会」作品展 ご案内
「第11回 稲の会作品展」を開催します。謹んでご案内申し上げます。ご高覧いただければ幸甚です。特色は、ジャンル数が多い作品展であることです。忌憚ないご批評をお持ちいらしております。
 会場 セシオン杉並 1F 展示室 (杉並区高円寺梅里1-22-32)
 会期 2019.6.14(金)~6.19(水)(10時~17時)
    初日 14時より、 最終日14時まで
 団体 日本フイルコン株式会社 OB・OGによる美術工芸品作品を展示
 展示 展 示 数 約100作品
 ジャンル数 14 (油彩/水彩/デッサン/水墨/切り絵/写真/アクリル/切手/ 模型/
陶芸/短歌/ミックスメディア/ フラワーパネル/パステルアート)
b0089323_21413575.jpg

by god-door70 | 2019-06-03 18:36 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第5回楓の会切り絵作品展」

2019.5.28 所沢市役所ギャラリーで開催の「第5回楓の会切り絵作品展」に出掛けた。稲の会会員のIさんが所属している切り絵クラブの展示会。モノクロのみで描く切り絵の力作ぞろい、細かいカットの作品には驚き脱帽だ。
b0089323_09040334.jpg

by god-door70 | 2019-05-28 18:42 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「横浜開港160年横浜浮世絵」

2019.5.22 横浜在住の知人Hさんと昼食をご一緒するということで横浜に出向いた。3年振りの再会であり昔話に時間が瞬く間に過ぎた。神奈川県立歴史博物館で「横浜開港160年横浜浮世絵展」が開催されてるのを知り立ち寄った。横浜港鳥観図、外人居留地図、歓楽街図、外人風俗、駅舎・鉄道など開港当時の浮世絵がずらり。想像図と思われる風物も多そうだが、当時の外国人の居住空間などの絵図も散見されて面白かった。それにしても赤色が際立った浮世絵だ。
b0089323_14564633.jpg
b0089323_15105777.jpg
b0089323_11254506.jpg
日本開港記念150周年切手の一部「横浜」


by god-door70 | 2019-05-22 18:55 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「吉祥寺美術館」

2019.5.16 映画を観たついでに武蔵野市立吉祥寺美術館所蔵作品を中心にした「移ろう季節を感じて展」を鑑賞。総じて爽やかな作品が展示され、花や景色が描かれた諸作品から四季の変化を感じとることが出来る。
b0089323_22035100.jpg

by god-door70 | 2019-05-16 22:04 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

映画「ふたりの女王」

2019.5.17 映画「ふたりの女王」を鑑賞。 16世紀の英国を舞台に、従姉妹関係にあるスコットランドとイングランドの女王として対決するくメアリー・スチュアートとエリザベスI世の運命をテーマとした映画。世継ぎのいないエリザベスI世、宗教対立など絡む女王同士の戦い。現在宇津居ているイギリスのEU離脱騒動や日本皇室継承問題を連想させる。
b0089323_22362032.jpg

by god-door70 | 2019-05-16 18:34 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「ルート・ブリュック」蝶の軌跡

2029.5.10 セラミック・アーティスト、ルート・ブリュック(フィンランド人)の作品展を東京ステーションギャラリーで鑑賞。数々の「蝶」を描いたセラミック絵が綺麗で可愛らしい。多くのタイルを用いた立体作品もあったが何を目指していたのか理解できないが繊細な色彩には感じるところがあった。
b0089323_22433684.jpg
ギャラリー建物は貴重な保存建物「煉瓦造り建物」となっている。階段壁も保存対象で触れることはできない。
b0089323_23032967.jpg


b0089323_22084429.jpg

by god-door70 | 2019-05-10 18:40 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

関西旅行(1-1)「久保修切り絵ミュージアム」

2019.4.11 今回の関西旅行の目的は、昨年10月に大阪豊中市にオープンした「久保修切り絵ミュージアム」の見学に加えて、関西在住の知人Yさん、Mさん、Nさんにお会いして旧交を温めることにあった。2泊3日の充実した旅を送ることが出来た。スケジュールの合間に可能な限り「何でもみてやろう」の精神で動き回った。1日目は「久保修切り絵ミュージアム」「大阪造幣局さくら通り抜け」、2日目は「大阪万博記念公園・日本庭園」、3日目は「原谷苑・桜見物」「京都迎賓館の内覧」「同志社大学校キャンパス見学」。毎日15,000~18,000歩は正直少々ハードだった。桜の季節としては後半のなので市街地は散っていたが、山間いの原谷苑は真っ盛りだった。映像を順次アップしますのでお愉しみ下さい。なぜ遠路「切り絵ミュージアム」へかは、久保先生の教室に約3年間通って初歩から教えて頂いた恩師の美術館ですから。45点ほどの作品が展示されています。阪急線「豊中市駅」から徒歩5分です。ぜひ訪れて切り絵の素晴らしさを体感して下さい。

b0089323_06044949.jpg

by god-door70 | 2019-04-11 18:02 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「トルコ至宝展」

2019.4.4 トルコ・イスタンブルのトプカプ宮殿博物館などが所蔵する16世紀から19世紀までの貴重な宝飾品、美術工芸品の展示。花々、とりわけチューリップを愛した皇帝の宮殿生活ぶり、オスマン帝国の文化、芸術品が紹介されていた。宝石をちりばめた甲冑、装身具は見事で目を楽しませてくれた。オスマン帝国の皇帝と日本人実業家の交流を示す献上品(甲冑などの品々)や明治期トルコに渡った日本美術品も展示されていた。さくら咲く季節にふさわしい豪華な品々。国立新美術館の往復約5,000歩。
b0089323_22121937.jpg

by god-door70 | 2019-04-04 18:10 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)