タグ:三人の会 ( 3 ) タグの人気記事

「三人の会」

2018.5.23 一年に一度、上野の杜和食老舗「韻松亭」で集う「三人の会」に出向く。後期高齢者入りの一人と、82歳の我々二人で平均年齢79.7歳、四捨五入80歳だ。共に健常者、有り難いことだ。100歳時代到来というが夢のまた夢。ピンコロを祈るのみ。セクハラ、言葉刈り、改ざん、スポーツマンシップなどなど話題は尽きぬ数時間を過ごす。美味しい料理を戴きながら。また元気に来年お会いましょう。料亭の隣に京都伏見稲荷大社鳥居を連想する花園稲荷神社参道のミニ鳥居行列郡を撮った。来訪外国人のお気に入りのスポットだそうだ。
b0089323_09420466.jpg

b0089323_09431300.jpg


by god-door70 | 2018-05-23 18:52 | Comments(0)

「駒形どぜう」

 2011.9.30 新政権・野田どじょう内閣にあやかり「どじょう鍋」を食べようと高校時代の旧友2人と語らい、浅草「駒形どぜう」に集まった。「どぜう鍋」、鯉のあらい、田楽を食し談笑、腹を満たした後、浅草寺に参り健康を祈願。思いがけない話題がでるのが楽しい。
 「駒形どぜう」の創業は1801年、200年の伝統を誇る店だ。江戸時代の店の雰囲気がどの程度残っているのだろうか。仮名遣いでは「どじょう」だが、なぜ「どぜう」? 店情報によると【文化3年(1806年)の江戸の大火によって店が類焼した際に、四文字では縁起が悪いと奇数文字の「どぜう」とした】とのことだ。改名が商売繁盛に繋がったのだろう。
b0089323_15484555.jpg

by god-door70 | 2011-09-30 15:03 | Comments(0)

ミニウォーク

 2011.4.1 高校時代の友人達と旧交を温めた後、JR西荻窪駅から京王井の頭線三鷹台駅まで歩いた。後期高齢者入りしたがそれぞれその自覚はなくまだまだ若いつもりであるが、話題には加齢談義が欠かせないけれど原発事故、トップリーダーの資質、都知事選挙、歴代総理の評価などなど限りなく拡がる。楽しい団欒の時間を過ごした。再会を約し帰途に付く。
 西荻窪駅近く松庵町に国登録有形文化財「水口家住宅洋館」がある。木造2階建で、赤色のフランス瓦を葺いた昭和時代初期の建物。保存状態も良いように見受けられた。好天暖かい午後を途中早くも咲いている枝垂れ桜や立教女学院マーガレット聖堂を見物したりのほんのひと歩き。
b0089323_17125850.jpg
b0089323_17133669.jpg

by god-door70 | 2011-04-01 17:18 | ウォーキング(walking) | Comments(2)