タグ:旅行 ( 135 ) タグの人気記事

船旅10日間(日本一周+韓国/釜山)

b0089323_17254751.jpg
b0089323_17143065.jpg
2019.10.9~10.18 イタリア大型客船MSCスプレンディダでの【日本一周+韓国/釜山、10日間】の船旅。とにかくデカイ客船(長さ333.3m、13万トン)だ。日本客船は飛鳥Ⅱ(241m)、にっぽん丸(167m)だから。外国船は日本語が使えないからちょっとね。今回運悪く大型台風が日本列島を直撃したため危険を避け日本海の南下を急ぎ秋田から寄港予定ない下関まで終日クルーズとなってしまった。寄港地減少(函館/金沢)のアクシデントに見舞われた。2012年12月に下関から「にっぽん丸」に乗船し瀬戸内海小豆島/神戸港まで旅行をした折に観光したので2度目。下関市には国宝が2つ(「住吉神社本殿」と「功山寺」)ある。その二つと「毛利邸庭園」を見物することにした。そして「唐戸市場」で寿司三昧。その前に寄港した「秋田港」では遠方であったが「武家屋敷が並ぶみちのくの小京都/角館」を観光した。角館も2012年4月に、弘前城見物の後に訪れたことがある。桜の開花遅く空振りの記憶だけ。
b0089323_17241150.jpg
b0089323_17260024.jpg
b0089323_17404312.jpg
b0089323_18344344.jpg

b0089323_17500876.jpg
明日(10/14)正午頃には、韓国釜山港に寄港します。現在日韓関係最悪。観光客に危害を加えることは無いでしょう。お金を落としてもらいたいでしょうから。「韓国のり」くらいしか買うものないけど。日本製品不買運動に対抗したい気持ちふつふつと。甘皮文化村=朝鮮戦争の際に北朝鮮から避難してきた人々が家を密集して建てた集落。宣伝文句は「村一面がアート!韓国のマチュピチュ」=を訪れた。マッチ箱のごとき家なみが山肌を埋めていた。チャガルチ市場やロッテ免税店などを案内されたが財布のチャックは開かずじまい。
b0089323_19514901.jpg
b0089323_11245344.jpg
b0089323_11221788.jpg
b0089323_11425141.jpg
b0089323_11231076.jpg
10/15 韓国釜山港から佐世保港に。小型観光船で九十九島を巡る前に展望台「展海峰」から208あるという島々を眺めた。松島やベトナムハロン湾とも異なる見応えだ。
b0089323_20012488.jpg
b0089323_20015539.jpg
b0089323_20051484.jpg
最終寄港地「徳島」(10/17朝着岸)に向かう。その前に若干の船内写真です。
b0089323_20125475.jpg
b0089323_20132747.jpg
 10/17 最終寄港地「徳島」に早朝に着岸。朝食早々に「大歩危峡・小歩峡」見物に出掛ける。奇岩や巨岩などが連なる光景を遊覧船上から眺めた。多くの猿が餌を求めて樹々の枝を揺らす。
b0089323_20513297.jpg
b0089323_20523259.jpg
b0089323_20532755.jpg
b0089323_20525624.jpg
2019.10.18 大型台風19号に見舞われ[函館][金沢]に寄港できなかったのは残念だったが、午前9前、無事「横浜大黒ふ頭客船ターミナル」に着岸。10日間にわたる外船船旅を終了。まずは日本食を食らう。  
by god-door70 | 2019-10-09 17:25 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「中国極旅行(8)」終わり

2019.3.17 中国のどこに行きたい、と聞かれると「無錫・蘇州かな」と答えてきた。もう無理かと思っていたが、「4泊5日ゆったり旅」を見付けてこの旅行が実現した。まだまだ衛生上万全ではないが、中国も少しずつ改善してきている印象を持った。現地ガイドの毎朝の挨拶「パスポート確認とスリに気お付けて下さい」。ロシア観光の時も同じ朝の挨拶だった。ロシアでは「エルミタージュ美術館内」で一人が実害にあってしまったのに遭遇した経験がある。脚の衰えを感じながらの中国旅行であった。そろそろ海外旅行は終焉を迎えつつある。残念ながら。
b0089323_18024776.jpg
「西施庄」の踏み石パターンが面白い。
b0089323_18050025.jpg
南禅寺の仏像-1
b0089323_18114387.jpg
南禅寺の仏像-2
b0089323_18133301.jpg
四川変面
b0089323_18212572.jpg
バイクの前面風よけチャンチャンコ
b0089323_18242849.jpg
上海中心から1時間郊外の建物群であるが、入居率50%程度。官民共同建設での建設ラシュ後の値下がりで建設不況におちいってるらしい。
by god-door70 | 2019-03-16 23:23 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「中国旅行(7)」上海-3

2019.3.16 「日中友好会館」付近の整備された街並み。日本人の像を見付けた。内山書店店主で中国にも書店を持ち成功し、魯迅とも親交があったという「内山完造(1885年生)」の像であった。
b0089323_15451875.jpg
b0089323_15460322.jpg
b0089323_15464866.jpg
b0089323_16173119.jpg
b0089323_18502126.jpg




by god-door70 | 2019-03-16 22:41 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「中国旅行(6)」上海-2

2019.3.16 明代の庭園「豫園」(1559年頃造園)で九曲橋渡り湖心亭を観る。門前町豫園商店街にある楼閣風建築群へ。
b0089323_17542187.jpg
b0089323_17561667.jpg
b0089323_17570820.jpg
b0089323_17581430.jpg
b0089323_17551316.jpg


by god-door70 | 2019-03-16 22:02 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「中国旅行(5)」上海-1

2019.3.16 2010年上海万博のパビリオンであったが現在は「上海芸術宮」、高さ63m巨大建物。 外灘地区散策し対岸の超近代的高層建築国際会議場群を遠望した。上海ロシア総領事館も。日本租界地区では歴史的建物が立ち並び屋上に中国国旗がはためいていた。
b0089323_17213619.jpg
b0089323_17525688.jpg
b0089323_17593660.jpg
b0089323_14542468.jpg

by god-door70 | 2019-03-16 21:35 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「中国旅行(4)」蘇州-3

2019.3-15(3)虎丘斜塔を「呉中第一山」門から遠望。ピサの斜塔の傾斜角度は約4度、この斜塔は15度とのことだが遠くて判然としなかったが確かに傾斜はしていた。大王の墓が沈んで傾斜? 門をくぐって「虎丘景区」の運河沿いに散策。
b0089323_11270886.jpg

b0089323_11275908.jpg
b0089323_11285577.jpg
b0089323_11295013.jpg



by god-door70 | 2019-03-15 22:25 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「中国旅行(3)」蘇州-2

2017-3-15 太湖石が織り成す造形美満載の「獅子林」。元の時代の代表的庭園。穴やくぼみが多く築山や庭石に使われる太湖石がふんだん満載の庭園でした。  この地区の大金持ちの趣味の庭というところでしょう。
b0089323_10515626.jpg
b0089323_10525091.jpg
b0089323_10534816.jpg
b0089323_10544193.jpg
b0089323_10553465.jpg



by god-door70 | 2019-03-15 20:35 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「中国旅行(2)」蘇州-1

2019.3.15 北京~杭州までを結ぶ総延長2,500mの大運河、「世界遺産」京杭運河・蘇州段散策する。環境規制で運河にゴミは全く流れていない。罰則厳しいようだ。運河で物を洗う女性を見かけた。
b0089323_09574071.jpg
b0089323_09585853.jpg
b0089323_09595851.jpg
b0089323_10014423.jpg
b0089323_10033332.jpg



by god-door70 | 2019-03-15 18:46 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「中国旅行(1)」無錫

2019.3.14 昨日の夕方の便で上海空港着(21:50)。車で3時間30分かけて真夜中に無錫市の到着。今日は9時出発だが眠い。太湖散策ということ五里湖とも呼ばれる太湖から無錫市に伸びる内湖として有名な蠡湖を遊覧し、中国四大美人の一人・西施が隠れ住んでいた「西施庄」を見学。観光者向け演舞が行われていた。市内を問わず高速道路、至る所にスローガンがでかでかとある。2014年世界遺産に指定された京杭運河にかかる清名橋付近を歩く。運河沿いに広がる歴史的な景観を残す街並み。運河の水害を治めるという祈りを込めて建てられたという南禅寺には高さ43mの妙光塔がある。
b0089323_15030803.jpg
b0089323_15093512.jpg

b0089323_17515256.jpg
b0089323_18052030.jpg
b0089323_18061609.jpg
b0089323_18075718.jpg
b0089323_18152459.jpg
b0089323_18170641.jpg
b0089323_18181826.jpg
b0089323_18195095.jpg

by god-door70 | 2019-03-14 20:40 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「信州・松本の半日」

2019.3.7 所用の合間に信州・松本市内を見物。登山にスキーに出向いた折に立ち寄った懐かしい松本。生憎天気が悪くアルプスが隠れ残念至極。国宝・松本城、国重要文化財・旧開智学校、松本市美術館を訪れた。世界的抽象画家・草間彌生はここ松本の出身。松本市美術館の玄関前広場に巨大な作品。なかなか理解に苦しむ作品ではある。とにかく丸〇〇〇〇・・・が描かれる世界である。
b0089323_11021490.jpg
b0089323_11175843.jpg
b0089323_11213944.jpg
b0089323_11222150.jpg

by god-door70 | 2019-03-07 18:01 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)